2019年リリースの「iOS 13」は「iPad」に重点を置いたアップデートに

元9To5Macの記者で、現在はBloombergに在籍しているMark Gurman氏が、2019年にリリースされる次期「iOS」こと「iOS 13」のコードネームは「Yukon」で、「iPad」に関する大規模なアップデートが行われると報告しています。

同様のことは以前にも報じられていたのですが、「iOS 13」では、「ファイル」アプリのアップデートに加え、macOSのようなアプリのタブ機能やSplit Viewで同じアプリを並べて表示する機能の追加、Apple Pencilに関するアップデートなどが行われ、以前より噂されているホーム画面の刷新も「iPad」に重点を置いた内容になるとのこと。

なお、歴代「iOS」のコードネームはスキーリゾートの名称が採用されていますが、「iOS 13」のコードネームである「Yukon」は、カナダ北西部の準州の名称と思われ、同名のスキーリゾートは確認出来なかったものの、スノーアクティビティが人気の地域となっています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。