Appleが買収した定額制オンライン雑誌配信サービス「Texture」、Windows向け公式アプリの提供を終了へ

Appleは今年3月に買収を発表した定額制オンライン雑誌配信サービス「Texture」をiOSの「News」アプリに統合し、ニュース定期購読サービスを開始することを計画していると噂されていますが、「Texture」は6月末をもってWindows向け公式アプリの提供を終了することが分かりました。

2018年6月30日以降はWindows向け公式アプリは動作しなくなると共に、Microsoft ストアでの提供も終了するとのことで、Windowsユーザーで「Texture」を引き続き利用する場合、ウェブ版がないことから、Android、Amazon Fire、iOS向け公式アプリを利用するしかないようです。

提供終了の理由については”物事をスムーズに保つため”と案内されており、Appleの「News」アプリへの統合が関係しているのかとも想像してしまいますが、同アプリは長い間更新されておらず、評価も低く、肝心の雑誌がダウンロード出来ないなど多数の不具合が報告されていた為、元々、あまり力が入れられていなかったことが予想されます。

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。