「Windows 10 April 2018 Update」で「Chrome」などを使用した際にフリーズする不具合、5月の月例パッチで修正へ

昨日、「Windows 10 April 2018 Update」にアップデートした一部のユーザーから「Google Chrome」がフリーズする不具合が報告されていることをお伝えしましたが、Microsoftが、同不具合を認識しており、現地時間5月8日(日本時間5月9日)の5月の月例アップデートで修正する予定であることを明らかにしました。

フリーズする不具合は「Chrome」だけでなく、他のアプリなどでも発生しており、フリーズした場合はノートPCを利用している場合はノートPCを一度閉じてから開くことで改善でき、それ以外のデバイスでキーボードが接続されている場合は「Windows ロゴキー + Ctrl + Shift + B」を同時に押し、タブレットの場合は2秒以内に音量アップボタンと音量ダウンボタンを同時に3回押すことで再起動せずに改善されるとのこと。

なお、現在は不具合の修正に取り組んでおり、予定通りであれば5月8日の月例パッチで修正されます。

Microsoft Community forums

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。