Apple、新型「MacBook Air」の量産を今年下半期に延期か

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Appleは2018年の新型「MacBook Air」の量産の開始時期を当初予定していた第2四半期(4〜6月)から下半期(7〜12月)に延期することを決定したようだと報じています。

量産延期の理由については明らかにされていないものの、プロセッサなどの主要部品の問題ではないかと推測されています。

その新型「MacBook Air」はスリムなデザインで、RetinaディスプレイとIntel製の最新のプロセッサを搭載し、価格は現行モデルの999ドルから、899ドルもしくは799ドルに値下げされるものとみられています。

また、次期「iPhone」の量産は第3四半期(7〜9月)より開始する予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。