Apple、8Kディスプレイを搭載したAR/VRヘッドセットを開発中か

米CNETが、内部の情報筋の話として、AppleはAR(拡張現実)とVR(バーチャルリアリティ)に対応したヘッドセットを開発しているようだと報じています。

同ヘッドセットのコードネームは「T288」と呼ばれており、各目ごとに2つの8Kディスプレイを搭載し、高速通信を可能にするワイヤレス通信技術を利用して専用のデバイスに接続し、「iPhone」や「Mac」は必要ないとのこと。

また、その受信機である専用のデバイスはAppleが独自に開発し、現在提供されているどのプロセッサよりも強力なカスタムチップで動作し、PCタワーに似ているものの、Macではないそうです。

なお、同デバイスは2020年に発売開発は初期段階であり、今後、計画が変更されたり、破棄される可能性もあるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。