Apple、台湾TSMCと協力し「Apple Watch」や「ARウェアラブル機器」用のマイクロLEDパネルを開発か

DigiTimesによると、DigiTimes ResearchのシニアアナリストであるLuke Lin氏が、Appleは小型及び大型デバイス用のマイクロLEDパネルの開発に取り組んでおり、台湾のTSMCのサポートを受けているようだと報告していることが分かりました。

AppleはTSMCと協力し、「Apple Watch」及び「AR(拡張現実)ウェアラブルデバイス」で使用するためのシリコンベースのバックプレーン(プリント基板の一種)を採用したマイクロLEDパネルを開発しているようで、他にもTFTベースのバックプレーンを採用した大型のマイクロLEDパネルを開発する別のプロジェクトにも取り組んでいるとのこと。

その大型のマイクロLEDパネルは「MacBook」よりもはるかに大きな製品で使用する予定との情報もあるそうです。

また、小型のマイクロLEDパネルは2種類のサイズが準備されており、「Apple Watch」向けは1.3〜1.4インチ、ARウェアラブル向けは0.7〜0.8インチになるとのこと。

「Apple Watch」向けのマイクロLEDパネルは2018年後半もしくは2019年に量産が開始される可能性があり、大型のパネルは2019年以降に量産に移行する可能性があるそうで、ARウェアラブル向けのパネルは現時点では量産の予定はないようです。

マイクロLEDパネルは「Apple Watch」から採用されるとみられていますが、既存の「Apple Watch」向け有機ELディスプレイと比べ、400〜600%もコストが高くなってしまうそうで、どれだけコストを抑えられるかにかかってそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。