米Apple、電池用コバルトの直接調達に向け交渉中か

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者の話として、米Appleが電池の主要材料であるコバルトを鉱山会社から長期間にわたり直接調達するために交渉しているようだと報じています。

同社の端末用電池に使われているコバルトの世界最大級のエンドユーザーの一角であるものの、現在、コバルトの調達は電池メーカーに任せており、今回の動きはiPhoneやiPad用電池向けにコバルトの十分な確保を目指していることを示しているそうです。

コバルトは電気自動車(EV)用バッテリー需要の急増で品不足が懸念されており、世界のコバルト生産の約4分の1がスマートフォン向けとなっているそうです。

なお、Appleは5年以上にわたり年間数千トンのコバルトを確保できる契約を求めているそうで、協議は1年余り前から開始されており、最終的に契約見送りを決定する可能性もあるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。