「Office 2019」は「Windows 10」のみサポート ー 今年後半に正式リリース予定

本日、Microsoftが、次期Officeこと「Office 2019」を、当初の発表通り2018年後半にリリースする予定であることを明らかにしました。

プレビュー版は今年第2四半期(4〜6月)に利用可能になる予定で、新たに分かった情報としては、「Office 2019」のクライアントアプリのサポート環境は以下の3つで、「Windows 10」のみのサポートとなり、「Windows 8/8.1」や「Windows 7」はサポート対象外となっています。

・Windows 10 SAC (Semi-Annual Channel)リリース
・Windows 10 Enterprise LTSC (Long-Term Servicing Channel) 2018
・Windows Serverの次期LTSCリリース

また、導入方法はClick-to-Runのみとなり、MSインストーラ(MSI)では提供されませんが、Office Server製品についてはMSIの提供が継続されます。

更に、「Office 2019」は5年のメインストリームサポートと約2年の延長サポートが提供され、2025年10月14日に延長サポートが終了する予定です。

[via Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。