「Office 2019」は「Windows 10」のみサポート ー 今年後半に正式リリース予定

本日、Microsoftが、次期Officeこと「Office 2019」を、当初の発表通り2018年後半にリリースする予定であることを明らかにしました。

プレビュー版は今年第2四半期(4〜6月)に利用可能になる予定で、新たに分かった情報としては、「Office 2019」のクライアントアプリのサポート環境は以下の3つで、「Windows 10」のみのサポートとなり、「Windows 8/8.1」や「Windows 7」はサポート対象外となっています。

・Windows 10 SAC (Semi-Annual Channel)リリース
・Windows 10 Enterprise LTSC (Long-Term Servicing Channel) 2018
・Windows Serverの次期LTSCリリース

また、導入方法はClick-to-Runのみとなり、MSインストーラ(MSI)では提供されませんが、Office Server製品についてはMSIの提供が継続されます。

更に、「Office 2019」は5年のメインストリームサポートと約2年の延長サポートが提供され、2025年10月14日に延長サポートが終了する予定です。

[via Microsoft

Microsoft、「Office 2019」を発表 ー 2018年後半にリリースへ

2 COMMENTS

匿名

Officeのサポート期間が7年に短縮されるのか。
これを改悪とみる人は、多そうだなあ。
それにしても、10押しがさらに進みそう。

匿名

Apple始め他と比べると7年サポートでも異常な長さなんだけどね。
でも多数採用している公的機関らは10年更新とかザラだから不満は出そうだね。

現在コメントは受け付けておりません。