「iTunes」のUWPアプリ、リリースは近い?? ー Windows版iTunesから関連ファイルが見つかる

昨年、AppleとMicrosoftからWindows Store(現:Microsoft Store)で「iTunes」の提供を開始することが発表されたものの、結局、年内のリリースは間に合わなかったのですが、両社がリリースに向け取り組んでいる証拠が見つかりました。

その証拠とは、「iTunes for Windows」の最新バージョンに「iTunesUWP.dll」というファイルが含まれていることが分かったもので、ファイル名にある「UWP」は”ユニバーサル Windows プラットフォーム”の略で、両社が「iTunes」のUWPアプリのリリースに向けて動いていることが確認出来ます。

ただ、リリース時期はまだ不明で、Appleの広報担当者も昨年12月の時点で『完全なiTunes体験をユーザーに提供するために、Microsoftと協力しているが、もう少し時間が必要です』と述べていますが、遅くとも春までにはリリースされるものと予想されます。

[via IThome

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。