Apple、今年から来年にかけてより多くの製品で「Face ID」を採用か

ETNewsが、業界筋の話として、Appleは今年から来年にかけて、より多くの製品に顔認証機能「Face ID」を採用する予定のようだと報じています。

これは「iPhone X」向けの顔認識モジュールを製造するLG Innotecが、モバイル端末向けカメラモジュールと新技術のモジュール事業に8,737億ウォン(約910億円)の設備投資を行うことを発表したことを受けての予測で、LG Innotecは設備投資がAppleに関係したものなのかは明らかにしなかったものの、業界ではAppleの顔認識モジュールのためであるとみられているようです。

また、Appleは2019年により多くの「iPhone」で顔認識技術を採用するものとみられている他、2019年に発売される「iPhone」から顔認識機能を強化する予定とも言われているそうです。

なお、Android端末では、顔認識技術の代わりに、指紋認証機能の強化やディスプレイへの指紋センサーの内蔵が行われるものとみられています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。