Microsoft、「Windows 8.1」のメインストリームサポートを終了

Microsoftが、1月9日をもって「Windows 8.1」のメインストリームサポートを終了しました。

メインストリームサポートは製品の一般向け提供日から最低5年間提供されるもので、メインストリームサポートの終了後は延長サポートに移行し、新機能の追加や脆弱性以外の修正は行われなくなります。

なお、「Windows 8.1」の延長サポートは2023年1月10日までとなっています。

Windows ライフサイクルのファクトシート – Microsoft

[via MSPU

スポンサーリンク