Microsoft、障がい者支援機能の利用者向け「Windows 10」の無償アップグレードの期限を1月16日まで延長

「Windows 10」への無料アップグレード期間は2016年7月29日で終了しているものの、Microsoftは障がい者向け支援機能の利用者に対しては2017年12月31日まで無償アップグレードを継続して提供していたのですが、その期限が延長され、現在は2018年1月16日までとなっていることが分かりました。

Microsoftは公式サイトで、同無償アップグレードの期限を”2017年12月31日”から”2018年1月16日”にこっそりと変更しています。
日本の公式サイトではまだ”2017年12月31日”のままとなっています)

なお、同キャンペーンを利用した無料アップグレードは障がい者ではない一般のユーザーも一時期までは利用可能でしたが、現在は問い合わせ窓口に申し込む必要があり、現在は本来の条件通り障がい者の方のみ利用可能です。

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。