古いバッテリーを搭載した「iPhone」の性能抑制問題 − 国内でもバッテリー交換費用の値下げ対応を開始

Appleは古いバッテリーを搭載した「iPhone」の性能抑制問題でバッテリー交換費用の値下げを発表していますが、Macお宝鑑定団Blog携帯総合研究所などによると、国内でもバッテリー交換費用の値下げ対応が開始されています。

対象の端末は下記のモデルで、通常の保証期間内(1年間)および「AppleCare+」による延長保証期間内でれば無償で交換可能で、それ以外は通常8,800円のところが5,600円オフの3,200円で交換して貰えます。

・iPhone SE
・iPhone 6/6 Plus
・iPhone 6s/6s Plus
・iPhone 7/7 Plus
・iPhone 8/8 Plus
・iPhone X

なお、この対応は2018年12月までとなっています。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。