Microsoft、「Windows 10」で「macOS」のSpotlightのような検索UIを採用か

ThurrottThe Vergeによると、Microsoftが先週にリリースした「Windows 10 Insider Preview build 17040」において、密かに「macOS」のSpotlightのような検索ユーザーインターフェイスを追加していた事が分かりました。


そのユーザーインターフェイスは標準では使えず、有効化するにはレジストリを弄る必要があるのですが、「macOS」のSpotlightに似た半透明の検索ユーザーインターフェイスが特徴で、Win+Sのショートカットから起動可能となっています。

機能的にはCortanaでの検索と同じで、検索ワードを入力することで、デバイス上のファイルや画像、設定、アプリを検索することが可能な他、Bing経由でウェブを検索することも可能です。

なお、このユーザーインターフェイスが正式に採用されるのかはまだ不明ですが、もし正式採用されるとなると来春の次期大型アップデート(コードネーム:Redstone 4)で一般ユーザーにも提供が開始されるものと予想されます。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事