LINE、送信メッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装へ

本日、LINEが、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」にて、2017年12月以降に送信したメッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を実装する予定であることを発表しました。


LINEでは、ユーザビリティの向上及びコミュニケーションの選択肢を拡大させるための機能拡充の一環として、12月以降に「送信取消」機能を実装し、送信取消の対象となるメッセージは、機能提供開始時は24時間以内に送信したメッセージとする予定で、以降ユーザーの反応を見ながら検討するとのこと。

なお、「送信取消」機能の詳細については、実装時に改めて案内するとのこと。

また、この「送信取消」機能の実装を前に、本日から11月24日(金)の期間に、『#LINE誤爆 Black FRIDAY』キャンペーンを開催することも発表されました。

同キャンペーンは、LINEを誤送信した体験談(黒歴史)をユーザーの皆様から募集し、LINEの黒歴史のトップである『Best of #LINE誤爆』をみんなで決定するオンライン上のお祭りで、リツイート投票日程は、ブラックフライデー当日である11月24日(金)で、ブラックフライデーの開催時間と「送信取消」機能のメッセージ取消時間にちなみ、24時間限定となっています。

秀逸なエピソードを投稿したユーザーには、何が入っているかお楽しみの特製ブラックボックスやLINEポイント(1万円相当)がプレゼントされる他、リツイート投票に参加したユーザーもLINEギフトコード(1,000円分)が貰えるチャンスがあります。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧下さい。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事