次期「iPad Pro」シリーズの「A11X」プロセッサは7nmプロセス採用で8コアに

Appleが来年に発売する次期「iPad Pro」シリーズに搭載される「A11X」プロセッサは、現行モデルに搭載されている「A10X Fusion」プロセッサと同じく台湾のTSMCが製造することが分かりました。


「A11X」プロセッサは7nmプロセスを採用し、CPUのコア数は「A10X」の6コアから2コア増加し、計8コアになると言われています。

なお、プロセスルールとコア数以外の情報はないですが、「A9X」プロセッサや「A10X」プロセッサと仕様を比較したものが下記の表となります。

 A9XA10X FusionA11X
プロセスルール16nm10nm7nm
動作周波数最大2.26GHz最大2.38GHz
CPUコア数2コア6コア8コア
GPUコア数12コア12コア
製造元TSMCTSMCTSMC

[via ChinaTimes

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事