ARM版「Windows 10」を搭載したデバイスがベンチマークアプリのデータベースに登場

MicrosoftとQualcommはSnapdragon 835とARM版「Windows 10」を搭載したPCを年内に投入することを発表しており、まもなく何らかの発表があるものと予想されますが、そのARM版「Windows 10」を搭載したデバイスがベンチマークアプリのデータベースに登場している事が分かりました。

GizmoChinaによると、Geekbenchのデータベースに「Qualcomm CLS」という名のARM版「Windows 10」搭載デバイスのベンチマークが多数登場しており、「Windows 10 S」と「Windows 10 Pro」を搭載した2モデルが存在し、搭載されている8コアCPUの動作周波数は1.9GHz〜2.2GHzとなっています。

ベンチマークデータは先月あたりから多数登場し始め、そのスコアはシングルコアが1000〜1200、マルチコアが3500〜4200ほどとなっており、Snapdragon 835を搭載したAndroidデバイスのベンチマークスコアは、シングルコアが2000、マルチコアが6000であることから、「Qualcomm CLS」のスコアは大幅に低くなっているのですが、これらは試作機とみられ、最終的にはもう少し最適化が進められるものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。