「iPhone X」は”これまでで最も壊れやすいiPhone” ー SquareTrade

電子機器の追加保証サービスなどを提供しているSquareTradeが、先日に発売された「iPhone X」の落下テストの映像を公開しています。

映像では、まず6フィート(約1.8m)の高さから側面、前面、背面を下にして落下させるテストが行われており、どの面から落としてもガラスパネルが割れてしまった上に、タッチディスプレイが反応しなくなったり、ディスプレイの表示が乱れたり、Face IDが動作しなくなるといった結果となっています。

また、箱に入れて60秒間回転させるテストでも背面ガラスが割れた他、ディスプレイが反応しなくなったり、Face IDが動作しなくなるといった結果となりました。

これらテストの結果、壊れるリスクの高さを示すスコアは100点満点中”90点”(スコアが高い方が壊れるリスクが高い)となっており、「iPhone 8/8 Plus」の67点/74点よりも高く、SquareTradeは「iPhone X」について「これまでで最も壊れやすく、最も高く、最も修理代が高いiPhone」と結論づけています。

[via Apple Insider

スポンサーリンク