Apple、「GarageBand for iOS 2.3」をリリース ー 「iPhone X」への対応など

本日、Appleが、iOS版の「GarageBand」をアップデートし、最新版の「GarageBand 2.3」をリリースしています。

GarageBandios

本アップデートでは、「iPhone X」のSuper Retinaディスプレイに対応した他、新しいサウンドライブラリを使って、追加の音源、ループ、サウンドパックを無料でダウンロードできるようになっています。

また、その他の変更点は下記の通り。

・ポップ、ソングライター、ラテンのスタイルでパーカッションを演奏する3人の新しいドラマーが追加されます*
・日本のKotoやTaiko Drumsなどの伝統楽器を使って演奏したり録音したりできます*
・クラシックなエレクトリック・ドラム・マシンをイメージしたビートシーケンサーでグルーブを作成できます
・iOS 11の“ファイル”Appに備わる共有と保存のさまざまなオプションをサポートします
・互換性のある他社製の音源やエフェクトのためのAudio Units機能拡張の表示が大きくなりました
・曲の録音、ミキシング、書き出しを24ビットオーディオで実行できます
・Garageband音源のアイコンを追加するiMessageステッカーパックが付属しています
・安定性が向上し、バグが修正されます

なお、アップデートはApp Storeより可能です。

GarageBand
価格:無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。