LG Display、次世代「iPhone」向けのフレキシブル有機ELディスプレイの開発を開始か

The Investorが、LG Displayが最近になってAppleの次世代「iPhone」向けに折り曲げ可能なフレキシブル有機ELディスプレイの開発を開始したようだと報じています。


また、LG Innotekもフレキシブル有機ELディスプレイ向けのリジッドフレキシブルプリント基板(RFPCB)を開発するための研究部門を設置したようです。

なお、パネルの量産は2020年から開始される予定とのことで、もしかしたら2020年に発売される次世代「iPhone」や次世代「Apple Watch」などに採用される可能性があります。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事