Microsoft、本日をもって「Windows 10 version 1511」や「Office 2007」「Office for Mac 2011」のサポートを終了へ

本日10月10日をもって、Microsoftが「Windows 10 version 1511(November Update)」、「Office 2007」、「Office for Mac 2011」のサポートを終了します。


「Windows 10 version 1511」は2015年11月にリリースされており、一般向けについては原則的に「Windows 10」の最新のバージョンが出た時点で、旧バージョンはサポートが終了する仕組みとなっているので、今回の話は企業向けなどが主ですが、本日をもってサポート終了となります。

また同時に「Office 2007」と「Office for Mac 2011」のサポートも終了となりますので、両バージョンを利用しているユーザーは早急に最新版へアップデートされることをオススメします。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事