Apple、App Storeが利用可能な「iTunes 12.6.3」を公開していた事が明らかに

先日リリースされた「iTunes 12.7」ではApp StoreやiTunes Uなどの機能が削除されてしまいましたが、その後、Appleが、「iTunes 12.7」で削除された機能を搭載し、更に「iPhone 8」や「iOS 11」にも対応した「iTunes 12.6.3」を公開していたことが分かりました。

この「iTunes 12.6.3」は企業が自社製のアプリをiTunes経由で配布する必要があることから用意されたものですが、こちらのサポートページからMac版とWindows版が誰でもダウンロード可能となっています。

インストールすると「iTunes 12.7」以降へのアップデートは促されないようになり、アップデートしたい場合は手動でダウンロードして行う必要があります。

また、インストールして最初に起動する際に、Macの場合はOptionキー、Windowsの場合はShiftキーを押しながら起動させ、新しいライブラリを作成する必要があり、その後、ライブラリを以前の状態に戻したいユーザーは「ファイル>ライブラリの追加」から古いライブラリを読み込む必要があります。

[via MacRumors

16 COMMENTS

匿名

「この「iTunes 12.6.3」は企業が自社製のアプリをiTunes経由で配布する必要があることから用意されたもの」

一般ユーザーも使えるようにしてあるってだけで、本来の目的は企業向けなのだよ文盲君

匿名

まず、12.6.2を使っていた企業ユーザーへのアナウンスが一切なかったにもかかわらず、
12.7へのアップデートを配信した、でその糞対応に文句が多かったから12.6.3を急遽用意した
この流れを理解できてないのかな?先に出すのはどっちだったと思う?小学生でも分かるよね

匿名

一般ユーザー版はなぜ消したのか真実は神(Apple)のみぞ知る

匿名

同様にiPhoneからアプリケーション実行機能廃せばいいのに
ファンボーイはいつもアップルを肯定するからな

匿名

1日空けてまでわざわざ意味のないコメントする人って
どういう思想なんだろう

匿名

俺のiPhone3Gはまだ死んでなかったんや!
AppStoreで2段階認証求められたときは本当に死んだと思った。

匿名

企業側からクレーム来たから対応したんかな

現在コメントは受け付けておりません。