Apple、新本社キャンパス「Apple Park」の上空を飛ぶドローンの取り締まりを開始か

Appleの新本社キャンパス「Apple Park」の工事の進捗状況が良く分かるドローンによる空撮映像が毎月公開されており、今月のバージョン(下記映像)も公開されたばかりですが、今後、このような空撮映像が公開され難くなる可能性が出てきました。

Apple Insiderによると、Appleは「Apple Park」の上空を飛ぶドローンの取り締まりを開始したようで、ドローンの飛行を止める為の部隊が存在しており、実際に警備員によってキャンパス内のドローンの飛行を止めさせられたとの報告例があるそうです。

ただ、現時点でアメリカ連邦航空局(FAA)による規制エリアとしてはリストアップされていない為、警備員の目を盗んで撮影された映像は出てくるものと予想されますが…。

なお、「Apple Park」は今年後半に完成予定で、下記映像が「Apple Park」の最新の空撮映像となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。