Microsoft、新デバイス「Surface Mobile」を開発中か

Windows Centralに投稿された情報よると、中国のMicrosoftの公式SNSアカウントが「Surface Mobile」と呼ばれるデバイスに関する動画を一時的に公開していた事が分かりました。

動画は既に削除されており、その動画の内容は不明ですが、説明欄に書かれている情報によると、「Surface Mobile」はプロセッサにQualcomm Snapdragonを搭載している他、プロジェクター機能を使って「Continuum」が1時間以上利用可能である事が触れられており、「Continuum」は「Windows 10 Mobile」搭載スマホにディスプレイやキーボードなどを接続してデスクトップPCのように利用出来る機能で、外部ディスプレイを必要とせず、内蔵されたプロジェクター機能を使って壁などにデスクトップ画面を投影して利用することが検討されているのかもしれません。

また、「Surface Pen」に対応していることや、「Surface Peking」と「Surface Slavonia」といった2つのコードネームのデバイスが存在していることも明らかにされており、2種類の試作機が開発されている事が予想出来ます。

この「Surface Mobile」の詳細は不明で、本当に発売されるのかも分かりませんが、海外サイトなどでは以前より噂されている「Surface Phone」か、ARM版「Windows 10」とSnapdragonを搭載した「Surface」のネットブックのどちらかではないかと噂されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。