MicrosoftとQualcomm、ARM版「Windows 10」の詳細を発表か ー 5月31日に台北でイベントを開催

5月30日より台湾の台北市で、コンピューター関連の見本市「COMPUTEX TAIPEI 2017」が開催されますが、MicrosoftとQualcommが同イベントに合わせ、現地時間の5月31日にARM版「Windows 10」に関する発表イベントを開催する事が分かりました。


両社はメディアなどに対して発表イベントの招待状(上記画像)を送付しており、ARM版「Windows 10」の詳細に関する発表を行うことを示唆する内容となっています。

ARM版「Windows 10」を搭載したPCは今年第4四半期(10〜12月)に発売されると言われており、MicrosoftもARM版「Windows 10」とSnapdragon 835プロセッサを搭載したSurfaceブランドのネットブックを開発していると噂されています。


[via TweakTown

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事