Apple、「WWDC 2017」でSiri対応スピーカーと10.5インチ版「iPad Pro」を発表か

9To5Macによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは6月に開催する「WWDC 2017」で、Siri対応スピーカーと10.5インチの新型「iPad Pro」を発表するかもしれないと予測している事が分かりました。


同氏は、「WWDC 2017」で両デバイスが発表される確率は、Siri対応スピーカーが50%以上、10.5インチ版「iPad Pro」が70%以上と予測しています。

10.5インチの新型「iPad Pro」は、9.7インチ版に似ているものの、ベゼルレスの全く新しいデザインを採用し、本体サイズは9.7インチモデルとほぼ同じになると言われています。

また、Siri対応スピーカーについては、ホームAIのソフトウェア開発の詳細とともに発表され、タッチパネルが搭載される可能性があるとのこと。

ここ数年の「WWDC」ではデバイスの発表はあまり行われていませんが、果たして本当に発表されるのでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事