Microsoft、「Surface Laptop」にUSB-Cポートを搭載する事も検討していた事が明らかに

昨日にMicrosoftが発表した新型ノートPC「Surface Laptop」にはUSB 3.0(Type-A)ポートが1つだけ搭載されているのですが、同製品の試作段階では2つのUSB Type-Cポートを搭載することも検討されていた事が分かりました。


これはMicrosoftが公開した「Surface Laptop」のプロモーション動画から明らかになったもので、プロモーション動画に映っている試作機(1分2秒あたり)の右側面には、USB Type-Cポートが2つとUSB Type-Aポートが1つ搭載されている事が確認できます。

最終的に製品版の右側面にはSurface Connectが搭載されることになりましたが、「Surface Laptop」にUSB Type-Cポートを採用しなかった理由について、MicrosoftはUSB-Cは成熟度の欠如やまだ完全に普及していない事から時期尚早と判断し、同製品がターゲットとするユーザーはUSB-Cよりもmini DisplayPortと従来のUSBポート(Type-A)を利用する可能性が高いと判断したようです。


[via The Verge

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事