Apple、中東で地図サービスの「渋滞状況」機能を提供開始 ー フランス・パリでは乗換案内に対応

Apple Insiderによると、Appleの地図サービスの「渋滞状況」を表示する機能が、初めて中東の国でも利用可能になっている事が分かりました。


現在のところサウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦)の都市圏でのみですが、渋滞状況が表示されるようになっており、中東の国で同機能が追加されたのはこの2カ国が初めてとなっています。

また、フランスのパリでは新たに交通機関(乗換案内)の機能が利用可能になっています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事