Apple、Googleから人工衛星事業の幹部2人を引き抜き

Bloombergが、事情に詳しい情報筋の話として、AppleがGoogleの人工衛星事業幹部2人を引き抜いた事が分かったと報じています。


引き抜かれたのは、Googleが2014年に買収した小型低軌道衛星による画像サービス企業Skybox Imaging社のジョン・フェンウィック氏とマイケル・トレラ氏の2人で、Googleではジョン・フェンウィック氏は宇宙船事業の責任者、マイケル・トレラ氏の人工衛星事業の責任者を努めていました。

両氏は、Appleのハードウェア部門で新製品開発チームを立ち上げたと言われているグレッグ・ダフィ氏のチームに参加するとのことですが、両幹部を引き抜いた理由については不明で、自動運転車関連やAR端末関連、「マップ」関連の改善など様々な憶測が流れています。


[via ITmedia, ブルームバーグ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事