「iPhone 8」とされる新たな図面やレンダリング画像が公開される

先日、Foxconnから流出したとされる「iPhone 8」の図面を撮影した写真が公開されましたが、本日、「iPhone」関連のリーク情報ではお馴染みとなりつつある中国のKK低调氏が、「iPhone 8」の新たな図面とレンダリング画像を公開しています。


今回公開された図面に描かれている「iPhone 8」のサイズは137.54㎜×67.54㎜となっており、「iPhone 7」の138.3㎜×67.1㎜とほぼ同じ大きさで、先日に公開された図面に掲載されていたサイズ(149.501×72.497㎜)とも違うものとなっています。

また、ディスプレイサイズは約5.7インチで、ベゼルの幅は上下左右とも4㎜と細く、本体前面の上部に3Dセンサーを含む各種センサーやFaceTimeカメラなどが集中して搭載されており、これらはディスプレイに埋め込まれているようにも見えます。

ホームボタンやTouch IDもディスプレイに内蔵されており、背面のデュアルレンズカメラこれまでの情報通りレンズが縦に並べられています。


なお、「iPhone 8」の試作機は複数あると言われており、これも試作機の情報をもとにしたものと予想されますが、本当にこのデザインになるのかは不明です。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事