「iPhone 8」のものとされる図面を撮影した写真が登場 ー Touch IDは本体背面でベゼルレスに??

9To5Macによると、中国のWeiboにて、「iPhone 8」のものとされる図面が映っている画面を撮影した写真が公開されている事が分かりました。


この画像が本当に「iPhone 8」の図面を撮影したものかは不明ですが、Foxconnから流出したものとされており、”EVT3″と書かれていることから3回目の技術確認試験段階の試作機の図面のようです。

本体サイズは149.501×72.497×8.624㎜(カメラの出っ張りを含む)となっており、「iPhone 7」(138.3×67.1×7.1㎜)と「iPhone 7 Plus」(158.2×77.9×7.3㎜)の間くらいのサイズで、厚みはカメラの出っ張りを除くと「iPhone 7 Plus」とほぼ同等となっています。

また、本体デザインの特徴としては、ベゼルがより細くなっている他、ホームボタンがなくなっており、本体背面にTouch IDが移動し、メインカメラが縦並びになっています。

なお、Appleの製品は「EVT(技術確認試験)」段階、「DVT(設計確認試験)」段階、「PVT(生産検証試験)」を経てから生産が開始される為、最終的な仕様が確定するのはまだ先になると思われます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事