次期「iMac」は10月後半発売で「Xeon E3」プロセッサを搭載?? ー 8Kディスプレイや「Mac mini」に関する噂も

先日、Appleが今年後半に新型「iMac」を発売することを明らかにしましたが、Pike’s Universumが、新型「iMac」は10月後半に発売される予定だと報じています。

また、CPUはIntelの「Xeon E3-1285 v6」プロセッサを選択可能で、RAMも標準で16GBのECCメモリが搭載され、32GBもしくは64GBまでアップグレード可能とのこと。

更に、ストレージは最大2TBのNVM Express対応SSDを採用し、VR(バーチャルリアリティ)やプロ向けアプリをサポートする為のAMD製GPUが搭載されると述べています。

また他にも、Appleは新型キーボードや「Mac Pro」のために8Kディスプレイを開発している他、「Mac mini」については最上位モデルについては”もうミニではない”と述べており、アップグレードした仕様に対応する為にデザインが変更されるのかもしれない事を示唆しています。

なお、Pike’s Universumは、これまでにOSのコード内に見つかったヒントなどを報じることは多々あったものの、Apple製品に関する噂を報じるのは初めてで、これらの情報をどこから入手したのかを明らかにしておらず、信憑性は不明です。

4 COMMENTS

匿名

話半分にとどめておくのが吉ですね

iMacにXeonなんてオーバーな気がするし
8Kは出るとしたら30インチくらい?

匿名

XeonとCore i のマザーボードは違うんじゃなかったっけ?
たぶん無いと思うけどなあ。

Macminiに期待かなあ…iMacは外部ディスプレイとして利用できたらいいのにねえ。。

匿名

5Kから外部ディスプレイ利用が出来なくなったのはThunderbolt2が5Kに対応してないから泣く泣くオミットしたと睨んでます。なのでThunderbolt3搭載になったら復活するのではないかと。

匿名

Mac miniは噂で終わってしまったら悲し過ぎるw

現在コメントは受け付けておりません。