10.5インチの新型「iPad Pro」、本体サイズは9.7インチモデルと同じか

Forbesによると、市場調査会社IHSのアナリストであるRhoda Alexander氏が、3月末に発表されると噂されている10.5インチの新型「iPad Pro」のディスプレイの画素密度は9.7インチ版「iPad Pro」と同じ264ppiで、解像度は2,224×1,668ピクセルになると予測している事が分かりました。


本体サイズについては、よりスリムなベゼルデザインを採用することから9.7インチ版「iPad Pro」と同じサイズになり、3〜4月中に発売されるとのこと。

また、9.7インチ版「iPad Pro」は低価格モデルになると言われていますが、その価格は299ドルからになるだろうと予測しています。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事