Apple、「MacBook」シリーズのディスプレイのコーディングが剥がれる問題の修理プログラムを拡大

Appleは、以前より一部の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」にてディスプレイの反射防止コーディングが剥がれてしまう問題に対応するリペアプログラムを密かに実施していたのですが、MacRumorsによると、同社が同プログラムの対象期間を拡大している事が分かりました。

Retina-MacBook-Pro-Coating-800x600

同プログラムは正式には発表されていないのですが、これまでは、最初の購入日から3年または2015年10月16日から1年以内(いずれか期間の長い方)で、問題がある「MacBook」及び「MacBook Pro」のRetinaディスプレイを無償で交換するといった内容でしたが、現在は、対象期間が最初の購入日から3年または2012年6月から2017年10月16日までのいずれか期間の長い方となっているそうです。

現在のところAppleは同プログラムを正式に発表する予定はないものの、問題が発生しているユーザーはAppleのサポートに問い合わせてみることをオススメします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。