Apple、iOS端末のバッテリーの交換が必要な場合に「設定」アプリで通知へ

本日、Appleが「iPhone 6/6s」シリーズでバッテリー残量があるにも関わらず電源が落ちる問題が「iOS 10.2.1」で70%以上減少したことを発表したとお伝えしましたが、TechCrunchによると、「iOS 10.2.1」の「設定」アプリのバッテリー情報にて、新たに「バッテリーの交換が必要です」というメッセージが表示されるようになることが分かりました。

このメッセージは今後数日のうちに表示されるようになる予定とのことで、Appleが必要と判断した場合にのみ表示されるそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。