「iPhone」でバッテリー残量があるにも関わらず電源が落ちる問題、「iOS 10.2.1」で70%以上減少

以前より「iPhone 6s」シリーズや「iPhone 6」シリーズなどで、バッテリー残量があるにも関わらずシャットダウンしてしまう問題が報告されていますが、Appleが「iOS 10.2.1」では同問題の発生が減っていることを明らかにしました。


AppleがTechCrunchに寄せたコメントによると、「iOS 10.2.1」はアクティブなiOS端末の50%以上にインストールされており、アップデートしたユーザーからの診断データによると、予期せずシャットダウンする問題が、「iPhone 6s」の場合で80%以上、「iPhone 6」の場合で70%以上減少したそうです。

また、電源が落ちた場合に、電源に繋がなくても再起動する仕組みも追加されているとのことで、Appleとしては、使用中の端末に問題のあるユーザーはAppleCareに連絡してほしいとのコメントを発表しています。


[via TechCrunch


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事