米AppleがWPCに参加 ー 次期「iPhone」のワイヤレス充電は国際標準規格のQiに対応か

次期「iPhone」はワイヤレス充電に対応すると噂されていますが、その事を示唆するかのように、Appleは既にWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)のメンバーである事が分かりました。


ワイヤレスパワーコンソーシアムの公式サイトが最近になって更新され、Appleが同コンソーシアムに参加していた事が明らかになったのですが、TechCrunchによると、Appleも正式に同コンソーシアムへの参加を表明したとのこと。

このことから次期「iPhone」で採用されるであろうワイヤレス充電には、ワイヤレス給電の国際標準規格である”Qi”を採用する可能性が高くなりました。


[via TechCrunch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事