Apple、地図サービスの改善に向けドローンの利用と新たな屋内ナビゲーション機能を計画か

ブルームバーグが、事情に詳しい関係者の話として、Appleは地図サービスの改善に向け、ドローンの利用と新たな屋内ナビゲーション機能を計画しているようだと報じています。

t_mapsnew
Appleはカメラとセンサーを搭載したミニバンを使って地図情報の取得・更新を行っていますが、情報収集をより迅速に行うために、ロボット工学・データ収集の専門家から成るドローンを使うチームを編成しているそうです。

また、建物内の映像とカーナビ改善を含めた新たな地図機能の開発も進めているとの情報もあるそうです。

なお、米Appleは米連邦航空局(FAA)に商業目的でのドローン利用特例適用を2015年に申請し、FAAは2016年3月にAppleのデータ収集と写真・映像撮影を行うための無人飛行システムの運用を承認しています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事