マクラーレンのCEO、Appleの訪問は認めるも、買収に向けた議論に発展しなかった事を明らかに

今年9月、米Appleがイギリスのスーパーカーメーカーの「マクラーレン」を買収する方向で交渉を行っているようだと報じられたことが話題になりましたが、英Reuterによると、マクラーレンのマイク・フレウィットCEOが、Appleが同社を訪問し、議論を行った事は認めたものの、買収に向けた決定的な議論に発展しなかったことを明らかにしました。

th_mclaren-p1-bahrain-773-crop5184x2670
Appleはマクラーレンを訪問し、両社は自社が行ってきたことについて話をしたり、視察を行ったものの、決定的な議論には発展しなかったそうで、マイク・フレウィットCEOはAppleからの入札はなかったと述べています。

恐らく、このマクラーレン訪問の動きが買収に向けた交渉を行っているものとみられ、報道されてしまったものと考えられます。

[via Apple Insider


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事