Apple、動画配信アプリの課金徴収の軽減を計画か

本日、ブルームバーグが、事情に詳しい複数の関係者の話として、AppleはApp Storeで配信されている動画配信アプリの定額課金から徴収する割合を引き下げる計画のようだと報じています。

Appstore-icon-1
その理由は、Appleの動画戦略にとって重要な意味を持つ映画やテレビ番組ソフトを所有するパートナー企業の不満に対応するためとのことで、徴収する割合を現在の30%から半額の15%まで引き下げる予定。

なお、現在は、全てのアプリでユーザーが2年目以降も定額課金で利用を続けた場合に限り、定額課金から徴収する割合が15%に引き下げられる仕組みとなっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事