【ポケモンGO】一定の速度以上での移動中は「ポケストップ」での操作が出来ない仕様に

毎日新聞によると、Nianticが、人気ゲーム「ポケモンGO」において、一定の速度以上での移動中に「ポケストップ」での操作が出来なくなるよう仕様を変更した事が分かりました。

pokemongo2

これは同ゲームの配信開始以来、自動車を運転しながらの同ゲームのプレイに伴い事故が相次いでいる為で、今回の対策により、電車内や車の助手席に乗っている場合も含め、一定の速度以上での移動中は、ゲームの主要な操作はできなくなっています。

なお、今回の措置は世界で一斉に実施されているものの、制限する速度などの詳細は明らかにされておらず、10月に行われた仕様変更では時速40㎞以上で移動するとポケモンが全く出現しなくなっていました。

3 COMMENTS

匿名

人が死ななくなるまで規制強化は続きそうだなあ

匿名

厳しい規制なしでこの調子でいくと
Z区分ゲーム由来の人殺しや迷惑行為よりも
GO由来の人殺し(死亡交通事故)、迷惑行為(屯)の方が多くなるもんな
GOのせいで人生狂わされた被害者親族友人同僚の方々が本当に気の毒

匿名

リリース前から懸念されていた事なのに、事故が多発するまで一切対策を講じなかったのは、利益の為だと思われても仕方がないような気がします。
運営側にも落ち度があったと言わざるを得ないのではないでしょうか?
リリース前後に危険性を訴えた人は少なくなかったはずですが、当初は耳を全く傾けようとしていませんでしたよね。

現在コメントは受け付けておりません。