Apple、App Storeの検索広告『Search Ads』を提供開始

本日、Appleが、App Storeの検索広告サービス「Search Ads」の提供を開始しました。

search-ads-fall2016-hero

これによりApp Storeでユーザーがアプリを検索すると、その検索語と関連性の高いアプリの広告が表示されるようになり、広告だと分かるようにアプリ名の下にバッジが表示されます。

なお、サービス開始に伴い、100ドル分の無料クレジットが期間限定で配布されており、検索広告が表示され始めるのは10月5日からになるとのこと。

 ・Search Ads
 ・ニュースリリース(英語)


【追記】
当初は米国からのサービス開始になり、米国以外での提供予定時期などはまだ明らかにされていません。




スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事