iFixit、「iPhone 7 Plus」の分解レポートを公開

iFixitが、本日発売された「iPhone 7 Plus」の分解レポートを公開しています。

4lduclvawujtl6ke
まず、バッテリー容量は2675mAhといった情報が昨日にあったものの、実際には2900mAhだった事が分かり、ベトナムで公開されていた分解レポートは試作機か何かを使ったものと予想されます。

th_tdbfdcsl4wt5eqrp
また、デュアルレンズカメラは、望遠レンズ側には手ブレ補正機能が搭載されていません。

th_b6har5iij4ayjiru
次に、3GB RAMはSamsung製、分解したモデルのLTEモデムチップはQualcomm製、128GBのNANDフラッシュメモリは東芝製となっています。

なお、詳細なレポートはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事