「iPhone 6/6 Plus」でタッチパネルが反応しなくなる不具合、米国では集団訴訟に発展

先日、「iPhone 6/6 Plus」の画面上部の表示がおかしくなったり、タッチパネルが反応しなくなる不具合が報告されていることをお伝えしましたが、Reuterによると、同問題をめぐり一部のユーザーがAppleに対し集団訴訟を起こしたことが分かりました。

ss 2016-08-24 16.02.51
訴訟を起こしたユーザーは、Appleは設計不良を知っていながらそれを消費者から隠し、認容も修理も拒否してきたと主張し、Appleがカリフォルニア州の消費者保護法に違反したとして、金額を特定しない損害賠償を求めているとのこと。

なお、この問題の原因は、タッチパネルのコントロールチップ(Touch IC)の接触不良で、ベンドゲートが話題になった「iPhone 6/6 Plus」では本体が曲がり易い為、長年の使用で本体が歪み、接触不良が起こってしまうとみられています。


[via CNET, TechCrunch




スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事