Google、年次開発者会議『Google I/O 2016』のiOS向け公式アプリをリリース

米Googleは、現地時間の2016年5月18日から20日にかけて年次開発者会議「Google I/O 2016」を開催しますが、その開催を前に「Google I/O 2016」のiOS向け公式アプリがリリースされました。。

th_googleio2016

公式アプリでは、カンファレンスの登壇者などの詳細の閲覧やパーソナライズされたスケジュールへのイベントの追加、イベントのリマインダー機能などが搭載されている他、基調講演や各種セッションの生中継を視聴する事も可能です。

また、会場の地図なども閲覧可能です。

なお、今年の「Google I/O」は、カリフォルニア州マウンテンビューにあり、2万2000人を収容できるオープンエアのイベント会場「ショアライン・アンフィシアター」で開催されます。

Google I/O 2016
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。