Apple、個人データ流出懸念がある複数のアプリの配信を中止 ー 広告ブロックアプリ「Been Choice」など

ロイターによると、米Appleが、個人データの流出懸念があるとして複数のアプリの配信を中止した事が分かりました。

Appstore-icon-1
配信が中止されたアプリの詳細な数や名称は明らかにされていないものの、広告ブロックアプリの「Been Choice」などが含まれているそうで、それらのアプリは、アプリの配布などに必要な「証明書」をインストールすることで、個人データが第三者に見られる危険性があるとのこと。

MacRumorsなどでも同様の事が報じられており、今回配信中止となったアプリは「証明書(構成プロファイル)」のインストールを必要とする広告ブロックアプリのようで、「iOS 9」のコンテンツブロック機能を利用した広告ブロックアプリ(CrystalやPurifyなど)は関係ありません。

なお、Apple側はApp Storeでの配信を再開出来るよう開発者らと緊密に連携して作業を進めているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事