「Apple Watch」の診断用ポートは充電に利用可能である事が明らかに

9 to 5 Macによると、「Apple Watch」のバンド装着部分に隠されている診断用のポートは充電も可能である事が分かりました。

th_apawaosir
これはバッテリーを内蔵した「Apple Watch」用バンドを開発しているReserve Strap社が発見したもので、本体背面の電磁誘導充電を使用するよりも速く充電する事が可能で、同社は開発中のバンドでこのポートを利用する事を計画しているそうです。

reserve-strap
ただ、あくまで非公式なポートの為、アップデートなどで利用出来なくなる場合もあります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事