2014年に最も脆弱性の報告が多かったOSは「OS X」?!

WMpoweruserによると、National Institute of Standards and Technologyが運営する脆弱性情報データベース「National Vulnerability Database(NVD)」に2014年に報告された脆弱性の数は7,038件で、1日あたり約19件が報告されており、OS別で見ると「OS X」が最も報告数が多かった事が分かりました。

Most-vulnerable-operating-systems-and-applications-in-2014_SQ
2014年にNVDに報告された脆弱性が最も多かったのは「OS X」で147件、2番目に多かったのは「iOS」で127件、3番目は「Linux」の119件で、4位以降は「Windows」がバージョン別でランクインしており、その表が下記の通り。

OS-chart
ただ、「Windows」だけがなぜかバージョン別で書かれており、「Windows」だけでまとめると(Windows ServerとWindows RTは除く)、全部で142件になります。

また、2014年に脆弱性の報告が多かったアプリケーションの1位は「Internet Explorer」で242件、2位は「Google Chrome」で124件、3位は「Mozilla Firefox」で117件となっています。

application-chart

[via GFI, WMpoweruser

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事