「iOS 8」のカレンダーアプリのGMTバグ、「Googleカレンダー」との同期問題は修正される

本日、「iOS 8」で報告されてきた”GMTバグ”が「iOS 8.2 beta 5」で修正されている事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、「iOS 8.1.3」以前のバージョンでもGoogleカレンダーとの同期時には同バグが修正されている事が分かりました。

ios-8-logo
“GMTバグ”とは、「iOS 8」のカレンダーアプリで予定を入力すると、その予定の時間がなぜか全てGMT(グリニッジ標準時)で表示されてしまうもので、Microsoft ExchangeやGoogle カレンダーとの同期に影響が出ていましたが、Googleが密かに修正したものと推測されています。

関連エントリ

「iOS 8.2 beta 5」でGMTバグが修正されている事を確認
「iOS 8」に新たなバグが見つかる ー その名も「GMTバグ」

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事