「iOS 8.2 beta 5」でGMTバグが修正されている事を確認

昨日、開発者に「iOS 8.2 beta 5」がリリースされ、同ビルドでは”GMTバグ”が修正されているとの報告がある事をお伝えしましたが、実際に試してみたところ修正されている事が確認出来ました。

ios-8-logo
“GMTバグ”とは、「iOS 8」のカレンダーアプリで予定を入力すると、その予定の時間がなぜか全てGMT(グリニッジ標準時)で表示されてしまうもので、Microsoft ExchangeやGoogle カレンダーとの同期に影響が出ており、「iOS 8.2 beta 5」で修正されているとの報告は他にも複数のユーザーからも報告されており、「iOS 8.2」でようやく修正されるようです。

ただ、「iOS 8.2」は「Apple Watch」の発売に合わせてリリースされるものと予想される為、最低でも4月まで待つ必要があり、問題に悩まされているユーザーはもう少し待たないといけないようです。

関連エントリ

「iOS 8」に新たなバグが見つかる ー その名も「GMTバグ」

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事